クリーニング情報について

機器情報
コインランドリービジネス
美幸工業
線

   

 

 

現状、集中工場では出入りの機械メーカーや機材商任せで、大量生産志向・分業志向の機械や設備が先立ったワンパターンの配置がなされています。
当社では現場を賄う人を中心に、レイアウトは人の動きにそった機械・設備の配置をしています。

又、狭い敷地内で売上を上げなければならないユニット店に対しては特に、流れのよいいろいろな工程が掛け持ちできる作業をする人中心のレイアウトを作り上げます。

 

 

   

   

 

 

標準化とは、誰もが同じ結果を出せるように、作業の諸条件を明らかにし、訓練することで作業内容を均一なものにし、全体の品質・生産性を上げることです。
特定の人にしかできなかった作業を標準化することで誰でもできる、誰もが同じ品質のできる体質作りが必要です。
現時点での最高は何か、徹底的に追求します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

品質こそ最大の販売力です。低料金、クイックといった切り口では、消費者構造の多様化に対応できません。打開策は高品質です。

品質をよくするということは、各工程において検査を厳しくすることで、検査の基準を明確にします。

 

線

 

 

 

 

 

 

 

         

 

コインランドリーを併設したクリーニング店は、1カ所ですべての物が洗える消費者にとって大変便利な総合クリーニングショップです。
クリーニング店にとっても、あらゆる洗濯物を取り込む魅力ある施設になります。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップ