業務用洗濯設備 導入プラン
業務用洗濯設備

■ 大量一括処理で省力化

大型の業務用洗濯機器で大量一括処理すれば、運転時間も短く作業の回数も減り、大幅な省力化が実現できます。


■ 常に一定の仕上がりを確保

最適なプログラムで高い洗浄力を発揮し、洗濯物の仕上がり具合を常に高く維持することができます。


■ 抜群の経済効果

大量の洗濯物を外注しているが場合、自家処理化により、大きなコスト削減を実現します。

◇ 洗濯物の種類と重量 ◇

洗濯物の種類と重量
洗濯物の種類と重量

👉 業務用洗濯設備とリネンの比較

1ヶ月の洗濯処理量

◆ リネン外部委託の場合

1か月のリネン代: 280,000 円

◆ 自家処理の場合

  ▶ 機 器 設 定

機器設定

 ▶ 1ヶ月のリース代

1ヶ月のリース代

 ▶ ランニングコスト

ランニングコスト

 ▶ 1ヶ月の人件費  5時間×900円/時間×30日= 135,000円

 ▶ 1ヶ月のトータル自家処理コスト  38,300円+45,360円+135,000円= 218,660円

◆ コストセーブ

👉 モデルプラン

特養+ショートステイ(100名利用)の場合

◆ 1日の洗濯処理量

1日の洗濯処理量
導入モデル
デイサービス(50名利用)の場合

◆ 1日の洗濯処理量

1日の洗濯処理量
導入モデル
浴場施設(500名利用)の場合

◆ 1日の洗濯処理量

1日の洗濯処理量
導入モデル
食品加工工場(従業員100名)の場合

◆ 1日洗濯処理量

1日洗濯処理量
導入モデル
ゴルフ場(200名利用)の場合

◆ 1日の洗濯処理量

1日洗濯処理量
導入モデル

これらの運転回数は、機械処理能力の最大処理量においてで、実際の現場では 洗濯処理量は細分化され、運転回数は多くなることがあります。
洗濯機械設備の処理容量は余裕のある機種選定が必要です。